5月26日、広島市の平和記念公園において、グーグルグラスを活用した観光ARアプリの実証試験が開催された。今回の催しは、総務省の中国総合通信局や放送事業者らで構成された「スマート観光プロジェクト推進協議会」の主催。ソフトバンクモバイルからの提案と、広島市の協力を踏まえて実現に至ったという。
1
参加者は平和公園周辺でグーグルグラスを装着し、専用の観光情報配信アプリ「ふらっと案内」の操作感を体験。

「地図が思ったよりも見やすい」
「道案内が分かりやすい。安全に手ぶらで観光が出来るのは良い」

といった感想を述べていた。また、同協議会会長の相原玲二・広島大教授(情報工学専攻)は、「外国人や高齢者も負担を感じずに観光を楽しめる手助けになれば」とコメントしていた。

ちなみに今回の催しで使用されたグーグルグラスは「中国総合通信局が実験試験局として総務省の認可を得た上で使用した」とのこと。国内未発売の携帯端末を使用する場合につきものの“技適”の問題も、総務省のお墨付きのイベントということでクリアできたようだ。

協議会は、来月には島根県の出雲大社や石見銀山を回るバスツアーでも、グーグルグラスのデモンストレーションを行う予定。「ICT(Information and Communication Technology)技術を活用した“スマート観光“の楽しさをアピールしていきたい」という。
2
3
今回使用されたARアプリ「ふらっと案内」はソフトバンクモバイルが公開中の同名のiPhoneアプリのグーグルグラス版。担当者はメディアの取材に対し「グーグルグラスが日本で製品化された場合には、私どもの『ふらっと案内』アプリケーションもすぐに利用いただけるよう準備は整えております」とコメントしている。

日本の大手通信キャリアがグーグルグラスに関する取組みを宣言したのは、今回が初めてのこと。「スマート観光プロジェクト」の今後も気になるが、グーグルグラスに関するソフトバンクの取り組みも大きな注目を集めることになりそうだ。(Google Glass Info)

Photo:xiquinhosilva(flickr)