グーグルグラスのビジネス利用に特化したプログラム「Glass at Work」が始動した。既にGoogle+上で正式アナウンスを行い、米国内の企業や開発者からの応募を募っている。
top
公式声明の中でグーグルは、NHL(北米プロアイスホッケーリーグ)のワシントン・キャピタルズや、世界最大の油田検層事業社として知られるシュルンベルジェ(Schlumberger)社などが、グラスをビジネス分野で活用していることを紹介。

今後、グラスとビジネスの取り組みをさらに加速させる意向であることを表明。「我々は米国に本拠を置く企業向けにソフト開発を行う開発者を歓迎し、グラスの未来を共に切り開いていけることに感謝する」と宣言している。

Glass at Work」が具体的にどのような取り組みになるのかなど、詳細は一切明かされていないが、グラスのビジネス分野での利用に向けて、大きな前進であることは間違い無さそうだ。(Google Glass Info)
Glass at Work Developer Information Form

https://developers.google.com/glass/distribute/glass-at-work