Googleのウェアラブルに対する関する取り組みがいよいよ本格化してきた。グーグルは3月18日、同社の公式ブログにてウェアラブルに特化したOS「Android Wear」を発表。

Android Wearは今後、あらゆるウェアラブル端末に対応していくというが、当初はスマートウォッチへの対応に重点を置く。既に同OSに対応したスマートウォッチとしてMotorola社製「Moto 360」とLG社製「G Watch」が今夏発売予定とされている。

1
Android Wearの開発理念として挙げられるのは、ユーザーのにコンクストに応じた情報を適時に提供していくという姿勢。そのコンセプト動画を見てみると、Google Glassの開発理念と極めて似通った点がいくつも確認できる。

・バスに乗車中に目的地までのバス停の数を表示する
・Googleハングアウトでメッセージを確認する
・タクシーを待つ間、周辺の空車情報を表示する
・ビーチを訪れたユーザーに「クラゲに注意」というアラートを表示する
・お気に入りのスポーツチームの試合の結果を知らせる

上記のような機能に加え“Ok Google”という音声コマンドに続き「アボガドに含まれるカロリーは?」「フライトまでの残り時間は?」といった質問をすることも可能。フィットネスアプリと連携し、移動スピードや消費カロリーをリアルタイムで表示できる点も強調されている。

今回の「Android Wear」の発表に際し、一部のグーグルグラス向けアプリの開発者たちからは「今後のアップデートでGoogle GlassがAndroid Wearに対応するのでは」といった観測も流れている。

Google Glassで居眠り運転を防止するアプリ「Drive Safe」の開発者、Jake Steinerman氏は「今年のGoogle I/OまでにAndroid Wearと大幅なアップデートがGoogle Glassにやってくる」との予測をGoogle+上で公開した。

「Android Wearの正式公開と同時にGoogle Glassのインターフェイスにも大幅なアップデートが実施される。それと同時に、グーグルグラスが常に音声データを取得する機能("always listening" capability)も追加されるだろう」

Jake氏の予測に関しては、否定するコメントも寄せられているが、一部の開発者からは「十分あり得る」という声も上がっている。2014年の「Google I/O」カンファレンスは米国時間6月25日から開催予定。これから100日足らずで、ウェアラブルの未来を決定づける発表が聞けることになりそうだ。(Google Glass Info)

Sharing what’s up our sleeve: Android coming to wearables http://googleblog.blogspot.jp/2014/03/sharing-whats-up-our-sleeve-android.html