スタンフォード大学の医師らが考案したGoogle Glassで外科手術をシミュレーションできるARアプリが注目を集めている。医師のHomero Rivas氏が発表したのは「MedicAR」という名前のアプリ。ヨーロッパのアプリ開発会社Droiders社と共同で開発にあたった。
4x
MedicARはグーグルグラスのモニター上に手術中の手順を表示。患者の体のどの部分にメスを当てるか、どんな手術器具を使うか、体内の構造がどう見えるかといった流れをステップ・バイ・ステップで確認できる。

実際にこのアプリを使用した動画が公開されている。

使用にあたっては事前に切開する皮膚のポイントに目印をつけておき、その目印にグーグルグラスを向けると手術手順が表示される。

「MedicAR」はあくまでも「医学生用のシミュレーションアプリ」とのこと。実際の人体に使用するものではないが、現役の外科医が監修を務めただけに、その完成度の高さは素人目にも明らかだ。
2a
2x
アプリについての詳細はDroiders社のウェブサイトで公開されている。

スタンフォード大学ではこのアプリ以外にも様々な先端テクノロジーを医療現場に導入する実験を重ねている。

Homero Rivas氏は「MedicAR」以外にも、サンフランシスコのスタートアップ企業、Augmedix社との取り組みもスタートさせているとのこと。Augmedix社は医師向けアプリの開発にあたる企業で、代表者の2名はともにスタンフォード大学出身。

ハイテク企業が集中するサンフランシスコ周辺からは、今後も様々な医療向けウェアラブル技術が登場することが期待される。(Google Glass Info)

This Stanford surgeon shows us the future of medicine: Augmented reality & Google Glass (exclusive) | VentureBeat