2月14日、Googleはバレンタインデーに合わせ、Google Glassで撮影されたカップルたちのプロポーズ場面の動画を公開した。

動画には合計5組のカップルたちのプロポーズの瞬間を収録。Google Glassのトライアル会場で撮影された、互いにグラスを着用して撮影したプロポーズ場面のほか、トレッキングの途中の山道、ディズニーワールドのレストラン、ボートの上といった様々な場面で男性が"Will you marry me?"と呼びかけ、女性たちが涙を流しつつ"Yes."と応じる模様が収録されている。

撮影者の視点からの映像を臨場感たっぷりに記録できる主観映像はGoogle Glassの大きな魅力の一つ。既にNBAなどスポーツ中継にも採用されているが、プロポーズ場面という最もプライベートな領域をテーマにした動画が大々的に公開されるのはこれが初めてのこと。

動画のコメント欄には「感動した」という声も多数寄せられているが、「宣伝としてはちょっとやりすぎなんじゃないの?」という見方も出ているのも事実。

今回の件を記事化したGIZMODEの記者は「プロモーションとしてはあざとすぎる」と批判的な見方を示し、ちょっとした議論も呼んでいる模様だ。(Google Glass Info)

■参照リンク:
Google Glass Marriage Proposals Show Why Glass Makes Everything Awful(GIZMODE)