アリゾナ州にある動物園 Phoenix ZOOの飼育員たちが、動物の世話などの日常業務をしながらGoogle Glassを装着。その際の動物たちの様子などを撮影していることが紹介された。

同動画はYouTube上に公開している動物園の公式チャンネルで公開中だ。

動画にはふだん客として動物園を訪れてもなかなか見ることのできないシーンを収録。飼育員たちの視点から撮影した映像で、より動物を身近に感じることができる。

Google Glassで撮影した動画としては、先週、米カンザスシティの交響楽団が公開した動画も話題になった。

この動画ではオーケストラの指揮者がGoogle Glassを装着し、「世界初の指揮者の視点からの映像」を公開。
ベートーヴェン交響曲第5番「運命」を演奏する模様を臨場感たっぷりに楽しむことができる。

撮影者の主観映像(Point of View Shot)を手軽に共有できるのはグーグルグラスの強み。今後もこのような動画の公開は増えていくだろう。


ところで「しゃべるねこしおちゃん」という、DVDや写真集でも大人気のかわいい猫のブログがある。このしおちゃんをGoogle Glassで撮影した動画も今注目を集めている。

飼い主さんがニューヨークの有名ブロガーで、マーケティングコンサルティング会社のCEOである「りばてぃ」氏にGoogle Glassを借りて撮影している。
10

飼い主であるしんころさん曰く、「カメラを向けるとすぐに黙ってしまうしおちゃんなので、これはなかなか使えるガジェットかもしれません」とコメントしている。