先日、Googleはグーグルグラスの「公式メガネフレーム」を発表したばかりですが、今度はニューヨークの有名メガネ店Rochester Optical社が、8種のデザインと11色が選択可能なGoogle Glass用レンズフレームのプレオーダーを開始しました。

このフレームはGoogleの公式フレームとは異なり、レンズを既存のメガネのようにフレームに装着したタイプとなっています。
47
 

特徴としてはそのデザインの豊富さ。フレームのデザインは全8種類、カラーはなんと11色(ホワイト、ブラック、ダークグレー、ライトグレー、ブラウン、パープル、ダークブルー、ダークグリーン、オレンジ、レッド、ライトブルー)から選べます。
03
 
既存のメガネと同様、フレーム内には視力に応じたレンズを入れるため、注文する際には眼科医による処方箋データの入力が必要。また顔の全体がわかる写真の送信も必要となっています。

価格はベースフレームは共通で$129。そこにレンズの種類や材質、UV加工の有無、コーティングなどの違いなどのオプションを選択していきます。最も安いプラスチックレンズの場合、トータルコストは$238程度。出荷開始は2月から。Rochester Opticalでは「海外への発送にも対応する」としています。

Rochester Optical社は2月2日開催のスーパーボウルのGoogle Glass中継」に協賛するメガネ店としても有名。グーグルグラスは2014年後半に一般向けリリースがアナウンスされましたが、発売に向けて専用フレームやアクセサリー市場もますます活性化していきそうです。