「Google Glassがついに日本で発売開始」と注目を集めている。
株式会社ゲッコー・アンド・カンパニーによると、同社は1月6日、Google Glassの市販版の予約(並行輸入)販売を開始。価格は1月10日までに予約した場合は6万9800円。それ以降は8万9800円となる予定とのこと。
gekko

しかし、国内販売に関するGoogleからの公式アナウンスは一切無く、今回の予約販売はあくまでも同社による独自販売。ツイッター上では、ゲッコー社の今回の発表に関し、

「引き渡し時期の内容を10回ぐらい音読した上で自己責任で購入ボタンを押すことをおすすめします」

と、注意を呼びかける声も上がっている。

同社のホームページによると、Google Glassの出荷時期は2014年4月を予定とのこと。しかし、注意事項の欄には「お届け時期は保証、確約、回答できません」「キャンセル、返品は一切お受けできません」と記載。

さらに、「お届けが不可能になった場合は後継品、同等品、代替品をお届けするか、弊社は債務を免責されるものとします」と記載されている。

予約にあたっては銀行振込かPayPalによる代金の支払いが必須。一部のユーザーからは、
「Google Glassとは別の商品が届いても文句は言えないのでは」といった疑念の声もあがっているほか、ITジャーナリストの大元隆志氏は、
「ヤフオクで個人が輸入代行しますってのとレベルは同じ」とツイート。

Google Glassの一般発売については、一部の海外メディアで「600ドルで4月に発売」との説も流れているが、ゲッコー社の発表はその予測を大きく先回りするかたち。予約にあたっては慎重に検討したほうが良さそうだ。