英国の女性シンガー、FKAツイッグス(FKA twigs)が新曲プロモビデオでグーグルグラスを着用し話題となっている。
FKA1
ジャマイカとスペインの血を引くツイッグスは、新人ながら「ロンドンのオルタナティブR&Bシーンを賑わす、謎多き才人」と評される存在。昨年度はビルボードの「2014年注目新人」に選出されたほか「BBC Sound of 2014」にもノミネートされている。
今回のPVではソウルフルなエレクトロポップにのせ、官能的なダンスを披露。グラスのモニターに浮かぶ自身のセルフィーや、レディガガ風メイクなどの映像を組み合わせ、未来感あふれる仕上がりとなっている。

今回のニュースはガジェット系のサイトよりも、DAZEDやVICEなどのサブカルチャー系のメディアで大きな話題となっているのが特徴的。オルタナティブ系ニュースメディアのSlateは「これまでのグーグルグラスのプロモーションビデオの中で最高の仕上がり」と高く評価している。
グーグルグラスを巡っては、先週も「グーグルグラス依存症」が大きく取り沙汰されるなど、ネガティブな報道も多いが、最新のバージョンアップでAndroiw Wearとの連携を強化。アプリの更新情報をグラスに通知する機能も実装されるなど、新しい動きもはじまっている。
今回のPVに関しては、Googleも公式アカウントからアナウンスを行うなど、かなり力を入れている模様。一部では“大ブレイク間近”とも言われるFKAツイッグスが巻き起こす新たなムーブメントに期待していきたい。(Google Glass Info)