10月27日、福岡市でウェアラブルをテーマにしたカンファレンス「OMC2014 in Fukuoka」が開催される。
「創業特区福岡で開くウェアラブルグラスとIoTの未来」と題した今回の催しは、スマートグラスに関わる様々なプレイヤーが福岡市に集結。IoTやビッグデータなどの次世代に繋がるイノベーションやプロダクトの可能性を明らかにしていくもの。
1
当日のキーノートには「ウエアラブルデバイス、IoTがもたらす産業変革」をテーマに九州大学経済学研究院・実積寿也教授が登壇。さらに、三城ホールディングスで「雰囲気メガネ」のチーフエバンジェリストを務める河村和典氏、ビュージックスコーポレーション東京支店長の藤井慶一郎氏、モバイル研究家の木暮祐一氏らが登場しスマートグラス関連の最新動向を伝える。
funiki2
今回のカンファレンスは「福岡の様々な施設やイベントと連携し、ウェアラブルデバイスの実証実験を行う」ことが大きなテーマ。9月に開催された福岡国際映画祭で「バリアフリー字幕の実証実験」を行ったPalabra株式会社の発表も予定されている。Palabra社はエプソンのMOVERIOを活用したバリアフリー字幕の仕組み「UDCast」を開発。当日はその活用事例も紹介される。

さらに、地元・福岡を本拠にクラウドコラボレーションの可能性を切り拓く企業、株式会社グルーヴノーツの最首英裕(さいしゅえいひろ)氏の講演も予定されている。(登壇者の詳細はこちらから)

カンファレンス参加費用は無料。会場ではエプソンのMOVERIOをはじめ、Vuzix社の製品など様々なウェアラブルグラスの体験スペースも設置されるとのことで、スマートグラスに関心を持つ人はぜひ参加してみたいイベントと言える。福岡市は法人税の引き下げやスタートアップカフェの運営など、“創業特区“としての注目が高まっている。地方自治体のウェアラブルへの取り組みとしても注目したいイベントだ。(Google Glass Info)

公式サイト: OMC2014 in Fukuoka

追記:公式サイトには未掲載だが、下記のプレゼンや出展も予定されているとのこと。

●ウェアラブルグラス/IoT 各社のプレゼン
・「iBeaconを使ったコミュニティプラットフォームの紹介(仮)」
 株式会社UXF技術責任者 川合毅氏
・「ウェアラブルデバイスの紹介(仮)」
 日本ウェアラブルデバイスユーザー会
・「ARシステムの紹介(仮)」
 株式会社ネクストシステム
●体験ブース出展
・日本ウェアラブルデバイスユーザー会
・株式会社UXF
・軽量Rubyフォーラム