みなさんこんにちは,Glassッ娘のあすみん(@an_asumin)だよ!
前回はGlassとウェアラブルデバイスについて語らせてもらったので,今回は先日発表されたAppleWatchを交えてウェアラブルデバイスを語るぽよ〜!
Picture 1456

その前に……

日本時間の9月10日午前2時,iPhone6と6Plusが発表されましたね!私は3DプリンタでiPhone6Plusのモックを出力してサイズ感を確かめておりました~!(3Dプリンタの造形サイズより大きかったので半分ずつプリントしてくっつけました…….)iPhone6も前より大きくなっちゃたらしいのですが,iPhoneは発表されるたびに大きくなって騒がれていますね.私はAndroidユーザなので,周りのヒトと一緒に「こんなに大きくなったら片手で操作しにくいかもねぎ~ ><;」と悲しんであげることしか出来ないぽよ…….

Picture 1398-001
そもそも私は手が大きい方なので,今使ってる画面サイズが約5.0インチのデバイスでもそこそこ片手で操作できちゃいます.ただし,それはオンスクリーンキーのおかげなんですよね.iPhoneは画面外のホームボタンにも親指が届かないといけないですし,約4.7インチの画面サイズのiPhone6でも片手での操作はしんどそうな感じがします.iPhone6Plusに至っては,デカい!というより長い!って感じがあるぽよ.でも,ひとつの画面とひとつの丸いボタンはiPhoneのアイデンティティですし.指が画面の上方に届かないならホームボタンを使って画面を下に引き下げるしかないのですね.何かを守るには犠牲が必要って感じですぽよ.でも,ホームボタンに指が届きにくいが故にAssistiveTouchを常にONにして使ってるお友達もいたりしたので,現実を顧みた方法が提供されることってとてもよいだと思うぽよ!

iPhoneアプリ開発者的には,また新しい画面解像度とアス比を増やしやがって……!って感じなんでしょうけど,そもそもAndroidアプリ開発者にはそれがどうしたベイベー!って感じが面白い発表会でした. みなさんはもうiPhone6をゲットしたのかなかな?

Appleのウェアラブルデバイス,AppleWatch

edition_red_leather_large
OneMoreThingというより大本命だったように思えるAppleWatchも発表されましたね. どんなによい見た目のスマートウォッチでも,現在のところ1日~数日ごとに充電しなければならない運命にあります.でも,その煩わしさを乗り越えさせるのも見た目のよさなのではないでしょうか.それこそ,本当に“なめたくなるUI”があれば,充電なんて造作もないのでしょう,ぺろりぺろり.それくらいAppleWatchの見た目はウェアラブルデバイスの中でも「かなり良い部類」だと思うぽよ.バリエーションもたくさん用意されてるし!発売は来年ですが,今から楽しみですね!

操作が変じゃないこと,気持ちいいこと

ウェアラブルデバイスをデザインする際に大事にしなければならないことのひとつは,歴史です.たとえばメガネって何世紀にもわたって存在してきた歴史あるウェアラブルデバイスですよね.歴史があるが故,その機能や身に付ける意図,身に付ける慣習が多くのヒトの間で共有されています.だから,新しくメガネ型デバイスを開発する場合,既存のメガネの形状に似せることで,身に付ける抵抗感を和らげるコトができるぽよ.このように過去のデバイスとの接点を持つことで,新しいデバイスを多くの人に受け入れてもらいやすくなるのデス~.
スマートウォッチの場合,デバイスの形状を既存の腕時計に似せることは比較的難しくないと思うぽよ.機能においても,まず時計としての機能を前面に押し出せば,多くのヒトに受け入れてもらいやすくなるぽよ!でも,腕時計より機能が増えたところで,上手く操作ができないとデバイスとしての価値が薄れてしまいます.Appleはデバイスの操作に対してかなりシンプルな答えを用意したように思うぽよ.

リューズのようなデジタルクラウンは,操作における過去との接点だと思います.スマートウォッチじゃなくても,腕時計を操作するときがあったんだぞということを示したのです!私たちには,他の時計の時刻を参照しリューズを捻って己の腕時計の時刻を合わせるという,とっても知的な操作を行うタイミングがあって,しかも腕時計をつけたヒトがそのような動作をとることがあることを共有しています.その動作をスマートウォッチの操作へ持ってきたので,操作が異常に見えにくいのです.たとえ,デジタルクラウンの操作が捻るのではなくて,撫でて転がすものであったとしても,回転させたり押し込んだりして操作することをユーザが元から知っているのですから十分利があるぽよ.しかも,そのデジタルクラウンがタッチパネルの小ささからくる操作性の悪さを補っているのですから,とてもシンプルぽよね.

冒頭に載せた写真は私が使っているSonyの初代SmartWatchです.実際,手首にくっついた小さなタッチパネルに対して何回もスワイプしたりピンチしたりするのって画面が見えないしあんまり気持ちよくないのデス.操作することの気持ちよさに関してはAppleが得意としていることですし,見た目では推測しにくいところにももっと気持ちよさが隠れてるかもねぎ〜.

操作や通知において,TapticEngineと呼ばれるリニアアクチュエータが搭載されていることにも私は注目しているぽよ.リニアアクチュエータは重りが直進的に往復して動くモータです.私の持っているSmartWatchには,重りを振り回して動く偏心モータが内蔵されていますが,手元で暴れるように振動するのであまり気持ちよくないのです.Appleが「手首を軽く叩く」と表現しているように,リニアアクチュエータの水平な振動は皮膚の上に乗ったデバイスにちょうど良い刺激を与えてくれると思うぽよ.操作によって異なる刺激を与えるとのことなので,おそらくクリック感のようなものを演出できると思われます.画面の小さなスマートウォッチなので,このような触覚フィードバックがあるのは操作感をとても向上してくれると思うぽよ!

他にも,同じタイミングでApplePayを発表したことにも注目したいぽよ.Apple大好きマンな皆さんなら,「(AppleWatchをかざしてス○バでコーヒー買いたいよ〜!)」って思ったんじゃないぽよか〜?これからすぐそれが出来るようになるかは置いておいて,ドヤりたいヒトに新しいドヤの可能性を提供したのは大きいぽよね.私はドヤりとかは割りとどうでもいいかなって感じはしますけど,ちょこっとセンセーショナルなことは消費されまくると普遍的になってくれるのでありがたい感じがします.技術だけでいきなり新しい慣習は作れないもじゃ.それに,スマートフォンと連携するウェアラブルデバイスで簡単に出来ることが増えると,母艦とするスマートフォンをカバンから取り出すような機会が減るので,スマートフォンの画面が大きくなることがよりポジティブになるぽよ.

唯一しょんぼりしたポイントは右手に付けた時にリューズとボタンの位置関係が逆になっちゃうことでしょうか.私は左利きで腕時計も左手につけるややこしめのヒト(文章書いたりするときは腕時計を外したりする)なんですけど,それでもやはりマイノリティに対する完全な救済はないのかって感じでしたね…….

AndroidWearって負けちゃうの?

moto-360
Appleがスマートウォッチを発表したからAndroidWearはもう終わりだ!なんて思っちゃうヒトがいるかいないかは知らないケド,まだまだ始まったばかりだから結論を急がないでよ〜って感じだぽよ.でも,同じスマートウォッチでも着想が違うのかもって感じはあります. そもそもGoogleは検索屋さんで,いろんなものを検索できるようにして,ユーザにすばやく情報を届けたがっているぽよ.その態度はAndroidデバイス初期の検索ボタンや最近の音声検索,GoogleGlassといったデバイスに顕著に表れている感じがします.AndroidWearだって同じようにすばやく必要な情報を受け取るデバイスのためのOSだと思うぽよ.
他方AppleWatchは,コンピュータを手首につけることで出来たらいいことってのを丁寧にパッケージしたような印象があるぽよ.腕時計で支払いを済ませたり,友達とより深くつながり合ったり,新しいデバイスで新しい体験を得たいならAppleWatchって感じですかね.これってiPhoneとAndroidとの関係に似ている気がします.というか,そもそもAppleWatchはiPhoneにペアリングしますし,AndroidWearはAndroidにペアリングしますし,そういうことなのかもしれないですね.スマートウォッチは母艦のスマートフォンに合わせて選ぶと幸せになれるのでは?という印象があるぽよ.

期待膨らむ~!

Picture 1473
iPhone6Plus,大きく長細いので電話するときの顔への包容感半端ないですね…….AppleWatchがある程度iPhoneの操作を代替してくれたら,iPhoneはこれくらいの大きさでもよいかもねぎ~って感じがします.iPhoneの使い方に変化を与えるかもしれないデバイスって意味でもAppleWatchには期待しちゃうぽよね.

みなさんも新しいデバイスに期待することはたくさんあると思いますが,私はいろんなウェアラブルデバイスが登場してみんなが思い思いのファッションをするようになるのが楽しみぽよ.だから,AppleWatchにバージョンが複数あったり,同じAndroidWearでもLG G WatchとかMoto 360みたいにぜんぜん違う見た目のデバイスが出ることに私はワクワクするのです〜!(丸い画面は開発者が苦労しそうだけど)ウェアラブルデバイスってなんだかんだで普及がムズカシイから,AppleWatchがそのきっかけになってくれると嬉しいぽよね.

あすみん(@an_asumin)